つむじ日記
tumuazu.exblog.jp
ブログトップ
さがみ野さくら並木
さがみ野駅北口から246を超えて、日産座間工場までと
南口は大塚本町まで続くとても立派な桜並木です。
c0160751_1154059.jpg

c0160751_11552835.jpg

この間の台風で1本が倒木して信号待ちしていた車が被害にあってしまったのです。
その木は切り倒されました。

そして北口から労働金庫がある、交差点までの桜が全て切り倒されてしまったのです。
びっくりしたし以上に、チクチクした。
毎日目にしていて、老木なのは分かっていたけれど、切られた幹を見たら、やっぱり胸が痛い!
c0160751_1159754.jpg

c0160751_1212253.jpgc0160751_12121379.jpg









毎年の桜祭りや屋台にお花見客。
とにかく賑やかで、お散歩は避けて通るほど愛されていた桜さん

市でも以前より調査をしていて、
今回の倒木を受けて、改めて調査・審議の結果が植え替えを決定したとの事
c0160751_12173643.jpg

2日(土)6時10分頃 もう打ち水してありました
今の時点で町並みは一変しちゃったけれど・・

桜の花咲く頃も、若葉の頃も、落ち葉の頃も楽しませてくれてありがとう!
新しい桜さん、待ってま~す。
[PR]
# by tumuazu | 2008-08-03 13:00 | ひとり言 | Comments(2)
栄養補給
休憩時に水分補給は当然したけれど、他の人ほど栄養補給はしなかった。
バナナだったり、おむすびを食べてる人もいた。

私が持っていった物は
フリスク、ブラックブラックガム、チロルチョコ、グレープのグミ、種なしのドライ梅干
口にしたのは、フリスクとガムだけ・・
秀さんが持っていった物
アセロラ味のゼリー飲料2個、チーズケーキのスティック菓子、ナッツ入りスティック菓子
ロッテのCRUNKYチョコ(個別包装の)、森永ミルクキャラメル、都こんぶ
口にしなかったのが都こんぶだけで、後は一通り口にした。
ヒットしたのが、森永ミルクキャラメル。
頭が痛くなる私は、チョコは少し用心したので食べなかったけど
キャラメルは大きさと甘さがGOO!
後は、朝食を食べていなかったので
(気持ちが悪かったので、2人で分けて食べた豚汁だけ) 
下山途中にナッツ入りの菓子が有効だった
カロリーがあるので力が出た感じ・・!?
ゼリー飲料は・・
「荷物になるからいらない」とか言っときながら私が一番摂った(ごめんね)

結果、グミもチロルチョコも冷蔵庫に収まっている。
[PR]
# by tumuazu | 2008-07-31 22:09 | 富士登山 | Comments(2)
トイレ
トイレは・・
事前に色々な方の体験談を拝見していたので、「なるほど・・」みたいな
高い山で街中と同じトイレを望んではいないし
どちらかと言えば、キレイだったと思う。

今回使用したトイレには全てペーパーが付いていたので
少なくなったトイレットペーパーの芯を抜いた物を使う事はなかった。

ツアーだったので、休憩時に水分補給、栄養補給、トイレをこなす
その際に下ろしたザックからトイレットペーパーを取り出して持って行くより
ポケットティッシュで流せるタイプ、これが便利だった。
いつもポッケに入れておけばOKだし。

臭いは・・
臭いに結構敏感な私
大概、臭ったけれど臭わない山小屋もあった。
これは仕方ないでしょ・・
使用者が清潔に心がける事が大事かな
掃除するのだって貴重な水を使わないといけないんだから

外国の方々は和式のトイレで戸惑ったのでは・・
トイレは洋式、和式、両方ありました。

ナショナルさん、TOTOさん、INAXさんなど日本の高い技術なら、
富士山のような高い山で使用できる
環境に配慮して尚且つ清潔なトイレの開発は可能なのでは!?
それを無料で設置して宣伝したら、やっぱ凄いは・・日本人。てな事に(笑)
トイレがトイレをアラウーノ
より絶対宣伝効果あると思うんだけどなぁ・・
[PR]
# by tumuazu | 2008-07-27 11:39 | 富士登山 | Comments(3)
富士山のおみやげ
登山前は山頂郵便局からはがきを出そう。とか
電話しよう。とか
色々思っていたけど、何ひとつやってこなかった

2時間の間にフラフラした足取りで行った浅間神社で買ったストラップ 1,000円なり
c0160751_1743220.jpg

携帯につけてます
山小屋の前で売っていたキーホルダー
使い道ないけど、記念に買って刻印してもらった 800円なり
c0160751_17431042.jpg
c0160751_17431641.jpg

まっすぐに刻印して欲しかったな

買ったのはこれだけ
もし、あの数枚の写真も撮ってなかったら、山頂までいった証拠がなかったぞ・・
[PR]
# by tumuazu | 2008-07-24 22:16 | 富士登山 | Comments(3)
富士山にアタック !
2日目
強行軍だった。
今にして思えば、ご来光を山頂で・・・という考えがハラさんにはあったと思う
リタイヤなし! 凄い(パチパチ)
寒い中、点呼を取って出発
しかし、思っていた以上に大変だった。
昼間に岩場を登るのにあんなに苦労したのに
真夜中自分のヘッドライトの明かりと、前の人に付いて行く行程
その上、ご来光を山頂で向かえようとするツアーや個人の人達で渋滞
登るだけでも大変で必死
腹式呼吸も思うようにできない・・
昼間のより早いペースで、休憩も水補給はする位の時間しかなかった
邪魔にならない所で縦長になって寄りかかる感じの休憩
段々調子が悪くなってきた。
何人かが気持ちが悪くなっていて、
1人で参加の60歳代の男性が何度も立ち止まり、吐いていた。
その度に休めるので申し訳ないけど助かった。
月が満月で綺麗だった。
下界が幻想的だった。
登頂する人達のヘッドライトがとても綺麗だった。
と・・・見るのが精一杯。
写真を撮る気持ちの余裕なし!
目の前の岩場を登る事しかできないしやりたくない。
9合目を過ぎた辺りで吐く寸前まで行ったが、人がたくさんいて我慢してしまった
吐いていれば楽になったと思うのに・・・なぜか我慢しちゃった。
昨日とは逆で、私がヨレヨレだったので秀さんが、頑張れと後押ししてくれていたが
秀さんも9.5合目位で一気に吐気に襲われた。
c0160751_17474044.jpg

      ぼろ雑巾のような私
それでも、ゆっくり一歩一歩登り、山頂。
横になりたい位つらい吐気の中、2人で手をつないで登頂!
力ない声で「やったぁ」 と。
気持ちも体も殆ど死んでるのに、ご来光を見なきゃの義務感!?
c0160751_17474979.jpg

15分位待って感動のご来光
手を合わせた。でも気持ち悪い・・・・
本当はもっともっと神々しい感じのご来光でした
写真もろくに撮っていないと言うより気力がない
写真好きな秀さんが私より症状が重くなってそれどころじゃない様子
そして集合場所の山小屋に
この後は2時間かけてのお鉢巡り
とてもじゃないが、もう動きたくないので山小屋で待機を選択した
24名の内11名は山小屋に居たと思う
添乗員さんも高山病でリタイア・・皆な辛いのによく頑張ったね
c0160751_174815.jpg

30分ほど休んで、あまりに寒かったので豚汁800円なりを注文
2人で食べた。
気持ちは悪かったけど、とっても美味しかった。
山小屋の中には外国の方が物凄く多くて、
私の隣ではフランス語が聞こえていた。
そして「味噌ラーメン」とフランスなまりの日本語(何のこっちゃ)で注文し
すすらずに、でも幸せそうな顔して食べていた。
見かけた外国の方は殆ど、味噌か醤油ラーメンを注文していた。
具合悪いのに、よく観察してました・・
お鉢巡りを待っている間、座っていても、横になっても気持ちが悪い。
いっそ吐いてしまえば、と思って200円でトイレに
またしても吐けなかった。
が、張り紙が「トイレでは吐しゃしないで下さい」と・・・
その後、全く動きたくない秀さんを残し、釜を見に行く。
フラフラしていたので落ちそうで恐かった。
その上大きかったし
c0160751_17481363.jpg

動いたので益々気持ち悪くなってしまったが、強迫観念のように浅間大社にも向かって
1枚だけ写真を撮った
c0160751_17482375.jpg

そしてお鉢巡りの人達も戻り下山となる
早く帰りたいよ・・・
c0160751_1748419.jpg

須走りの下山道は砂ぼこりが凄いとの事
マスクに日差しよけのタオルで完全防備
降った!2ターンして休憩のパターンながら降った!
もう大分下に下りたのかと思ったら、
ハラさんが下に見えるのが昨日の太子館ですの説明
えー!まだ8合目に行ってないんだ・・・ため息フゥ~
噂には聞いていたが、これが降りか・・恐るべし
ブルドーザーも2回かわした
その内に膝が痛くて大幅に遅れる人が出たり
吐いたり、転んで足を痛める人が出たりした。
とにかく遮るものがない所の炎天下
暑いし、寝不足だし、高山病だしと3パンチ
皆ながグロッキー
膝を痛めた人は最終的に皆なに迷惑がかかるとして、馬で帰る選択をした。
時間にして後1時間位の距離で2万円。
体もお財布も大変でした。
そして私達はさらに降る。
降る、くだる、クダル、下る・・・・・・・。
靴もスパッツもザックも何もかも砂だらけになりながら降った。
6合目に来た時はもう地面に寝転んだ
荷物は軽くなるどころか持ち帰るゴミも含めて重くなった
歩きながら、ザックの中身の何が多かったのか考えたりした。
そして最後に登り・・・信じられない
夢遊病者のように歩いて、見えたゴール
またも手をつないでお疲れ様・・・でもまだ気持ちわる~
なんだか開放されたように安心した
そして皆なで集まり、よく頑張りましたと拍手
これもガイドのハラさんのおかげ
大きな声で元気よく的確な指示。
そして2時からまた登るとの事、恐るべし!
c0160751_17541067.jpg

レストハウスに行き、身なりを整える
顔、腕、鼻の中、耳、全て真っ黒で髪はバリバリ
拭いたり洗ったりして簡単な昼食をとる
ソフトクリームも食べた・・・治ったの?
そして睡眠客を乗せたバスは一路家路に


普段全く体を動かさず、この為に体力もつけなかった。
長野県出身の私は高校生の頃に課外授業で白馬に登山したような・・
それ以来の山登り
何のために登るの?
頭痛くなるから絶対に無理、やめなさい。
など、誰もが普段の私を見ていればマイナスの要因しか浮かばない
登っている時も、なんでこんなに苦しいのに頑張るの?
と、自分に問いかけてみたけど
やっぱり、登るからには頂上まで、下山も人に頼らずに・・
頑張ってみたかった・・・。
本当に、頭痛持ちでありながらよく頑張ったと思います。
それも日本一の富士山!
登れて良かった・・・自分が誇りに思えます(すみません)
そして、今、超筋肉痛です。               アタック前
c0160751_1811335.jpg

アタック後
c0160751_17545612.jpg

[PR]
# by tumuazu | 2008-07-21 03:22 | 富士登山 | Comments(6)
富士山にアタック !
1日目

51歳で初めての富士登山

心の中で密かに思っていた。
日本人なら一度は登らないと・・・富士山に。
密かに思っていただけなので実行する事もなかった。
が、ここ何年かに富士登山の話しが出るようになった。
30年程前に登頂経験のある秀さんは行く気満々
そして心の準備も出来ていないのにツアーに申し込んでしまった!
う・・・ん。
私にとってもこれが最後のチャンスかな、と考え、潔く富士登山、行くどー!!


日程
7月18日(金)6時20分海老名集合 → それぞれの集合場所 → 富士吉田口・五合目 昼食後登山開始 → 八合目太子館到着 夕食&仮眠 → 深夜出発 → 登頂 19日(土)4時頃 → お鉢巡り → 下山 → 富士吉田・五合目 → それぞれの集合場所 → 海老名解散

ザックの重量5.5kg
大丈夫!?・・これを担いで登るんだ
参加人数24名&添乗員さんとガイドさんの総勢26名
年齢層は高め、小田原から1人参加の男性が20代前半で後は多分40歳以上
梅雨明けしてない上に台風の影響で予報は曇りのち雨
やだな・・・
c0160751_1865822.jpg

どんよりして霧は出ていたけれど雨は降ってない。
ラッキー!
c0160751_17195167.jpg
c0160751_17195786.jpg

まずは腹ごしらえ ラーメン1,000円なり
集合時間間近になって雨が降り出してきた・・げぇ~
まっ、しょうがないと気持ちを切り替えて
合羽着用・ザックカバー装着・ポシェットに秀さんお手製のカバー装着
準備OK!
c0160751_17202272.jpg
c0160751_17203050.jpg

ガイドは23歳の日焼けしたハラさん
c0160751_17265972.jpg

出発時はハラさんの「頑張って富士山に登るぞー!!」の掛け声に全員で「オウー!!!」の気合
いよいよ出発・・・後悔しない富士登山やあっぱれ!富士登山で知った、スローペース
その時点から腹式呼吸開始

吉田口登山道の看板辺りから雨も止んだ。
6合目でトイレ使用・・よく見かける仮説トイレみたい
100円を脇の箱に
トイレットペーパーがわずかにあり
トイレは山頂を含めて、入ったトイレ全てにトイレットペーパーがついていた。
合羽が蒸れて暑いので上着だけ脱ぎ腰に巻く
c0160751_17331250.jpg
c0160751_17332061.jpg

意識は腹式呼吸で休憩時は水分補給
皆さんは色々な食べ物を補給していた(チョコレートが多かった)
c0160751_17333614.jpg

秀さんがおかしくなってきた・・
息苦しそう。 
大分良くなったが喘息の持病を持っているので心配。
連れの片方の調子が悪くなると、もう一方は頑張ろうと思うのか、私は疲れている位の感じで、盛んに秀さんに腹式呼吸を指示
c0160751_17351095.jpg

やっと七合目・・先は長い。
c0160751_17352714.jpg

この先は岩場。ステッキをしまって両手を使って登って行くのだけれど
ザックが重く肩にズッシリ。肩がとても痛い。
c0160751_17354399.jpg

c0160751_1735551.jpg

登ってるよね・・・全然着かないよぅ(泣) アッ海抜3,000mだ!
山小屋の手前は急に階段になってこれがきつい
ハラさんは「自分のペースでいいですよ」などと1人々に声をかけて行く
1段登る度に、ヨレヨレ だけどフゥーフゥフゥスー はぁ~疲れちゃったよ・・・
秀さんはさらに気持ちも悪くなり始めている やばい!
さらに急な岩場で体に力が入らないから、手で掴んで登るんじゃなくて
四つん這い状態 はぁーはぁー
その時、上の山小屋から「読売厚木の皆さーん あと少しでーす 頑張ってぇー!」
と夕食&仮眠場所8合目の太子館の方々の声援
「ありがとう」・・それに答えたいけれど一向に進まない私
蟻のようになりながらやっと到着 うれしかったぁ。
c0160751_17364251.jpg

お兄さんありがとう
そして館内の説明。まず靴紐を緩めてすぐに脱げる状態で待機
まず、女性の単身、グループそして男女の連れ次に男性の単身およびグループの順番で寝床に案内される
2段式のベットの上下に先に案内された人達から場所が決められて行く
私達は下の端から3番目と4番目
ビニール袋がかかった小さな枕に寝袋。上の段の人達は天井が近くて圧迫感があると言っていた
c0160751_17365733.jpg

夕食はカレーに福神漬けとおかず(ソーセージ・鯖の味噌煮・山くらげ・ドライ杏・富士山の形をした饅頭)
太子館のホームページによるとごはんのお代りはあります、と書いてあったが、5人で座るテーブルにおひつがあり、その中に入っている半分位のごはんがお代りで、おひつの中身が終わったらおしまい。
私達のテーブルは20歳代と思われる男性と1組の夫婦で男性3人でご飯の量は足りなかったと思う。でも、カレーも鯖も美味しかった。
食事が終わって席を立つときに翌日の朝食が渡された。
温かいパックの五目御飯に苺ジャムのパンに水。
なんか今食べれられちゃいそう(腹七目分目位)
ガイドのハラさんより仮眠後の説明
23時15分起床、30分集合。
体調がすぐれずにここで止めておこうという人は明日言って下さい
明日(深夜から)の行程は今日の3倍位きついです。
深夜に登頂し、お鉢巡り、下山。
仮眠して集合時に行かれない人は申告して下さい と。
秀さんは不調・・どうするか聞いたところ
「分からない・・・もし自分がリタイアするようなら1人で行ってきな」 と。
ふ~ん と思ったけど
思考能力もあまりないので取り合えず返事だけして
寝袋に戻り明日の準備を兼ねたザックの整理
これがなかなかうまく出来ない。入れたり出したり
結局チビな私は、着る予定のフリースやヘッドランプ等を頭の上に揃えて置き
寝るときに着替えようと思って持って着た物にも着替えず、そのまま寝る事にした
秀さんめずらしくちゃちゃか済ませてもう寝袋IN
私は、トイレに行きがてら、エアーサロンパスで足全体と肩、首をシュー
そしてアミノバイタルと自分の薬を飲んで私も寝袋IN
c0160751_17371153.jpg

もともと寝られない私にこの環境は苦痛だった
使い捨てコンタクトもしたまま
眠れない・・・・エアーサロンパスした足が冷たくてトイレに行きたくなった
が、皆なが静かに横になっているので抜け出すのもはばかられるので我慢した
でもやっぱり行こう。とそーっと抜け出してトイレに行った
20時半、外は寒かった。
外には山頂にむけて登っている人達が結構いた。
そして寝袋に戻ったが、枕のビニールの音、寝袋のガサガサする音
なによりいびき。本当にうるさい!
年配の男性の殆どがいびき、「う~ん」「ハア~」とか顔の位置を変える度に声を出す人
あ”っ~!もうやだぁ!
寝られない・・・!!
その上、段々と寝袋が暑くなってきた。
顔の上に明日着るフリースをかけて、腹式呼吸をしながら寝る努力をした。
無理!
それでも1時間位はウトウトしたかなぁ・・・だけど完全に寝不足
そして23時には起きて支度を始めた
秀さんにどうするかを確認したところ、行ける所まで頑張るの返事
ならば、頑張ろう!
ゼリー飲料飲んで、半袖にフリース、そして合羽に手袋、頭にはヘッドライト
頑張ろう・・はいいけど・・ほんと大丈夫かな・・私達
つづく
[PR]
# by tumuazu | 2008-07-21 01:13 | 富士登山 | Comments(0)
頭痛と腹式呼吸
私は凄い頭痛持ちである・・。
慢性頭痛で、緊張型頭痛と偏頭痛を伴う混合頭痛
毎日、頭が痛い。
偏頭痛の際は吐気と共で3日間は他の事が考えられない位に辛い。
痛いと吐気が一緒にきて、吐くとその時は楽になるのだけれど、すぐにまた唸るようになる。

高校3年生の頃(はるか昔ですが)
鼻血が毎日出た時があって、診察結果の中で覚えている事が
「鼻の骨が少し曲がっていて左の鼻の穴が右より狭い」

そのせいばかりではないけれど、
臭いに敏感なところがあり、
駄目だ・・と思う臭いを嗅いでしまうとズキズキとくる事が多い。
精神的な事だとは思うんだけど・・
なので、嫌な臭いを嗅がない為に息を止める、口で息をする。
という習慣が身についてしまった。

何かをしている時に、「あっ今私息止めてた」と思うことがあるし
無呼吸症候群ではないけれど、寝ているときにも息を止めている事があり
いびきのように「うっがあがあっ」とか言って息吸ってる事があると秀さんに言われた。

で、今回の富士登山。
普段まったく運動していない事で不安な登山に高山病問題発生。
高山病にならない為には腹式呼吸。
お腹を引っ込めて口を尖らせるようにして息を吐いて、お腹を膨らませて鼻から息を吸う。
思いっきり吐き出して、鼻からしっかり吸う。
できない・・・。
意識したらますますできない。

1ヶ月程のあいだのお散歩の時、通勤時などの色んなタイミングで、
フゥーフッフッと吐いて、鼻から吸うを繰り返し練習した。
出来るようになった(^o^)v と思う。
後は、実践!
頑張らなくちゃ・・。
[PR]
# by tumuazu | 2008-07-16 21:56 | 頭痛 | Comments(0)
嫌な思い出 パート1
嫌な思い出が残った旅行があります。

平成10年4月25日~5月2日
オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ・ドイツの旅

始まりから最後まで歯車の会わない旅でした。


成田よりロンドン経由でアムステルダムスキポール空港に着いて、
一組の親子と友人の方がスーツケースの上に手荷物を乗せてトイレにたった
周りの人に荷物を見ていて、とお願いして
それが始まり。
添乗員んさんが、まだ全員の荷物が揃っていない時に勝手に行った。
と判断されたらしい。そして注意された。
その場にいたトイレにたっていない人達が・・
嫌な空気が漂った。
そしてホテルに向かう→到着!
長旅で疲れた・・早く休もう
と思っていたら、
部屋の準備が出来ていないのでしばくらくお待ちください。と
「なんだってぇ!」と思ったが疲れていたのでロビーで休んでいたが、
一向に部屋に入れない。
添乗員さんもしきりに交渉しているが、ここはオランダ。
「申し訳ございません!至急ご用意致します」
と日本人のようにテキパキできない・・らしい。多分
結局、用意が整った部屋から順に入れて私達は2時間半ほどロビーやレストランで時間潰しをした。
飲み物や食べ物を頂いたが最初の1杯位で殆どの方が椅子に横になっていた。


JALのユーロエキスプレスに乗ってオランダからベルギーへ
c0160751_2263096.jpg

キューケンホフ公園の花は見事!!!でした。
c0160751_22133836.jpg

孔雀さんにもご挨拶
c0160751_22174358.jpg

そしてブルージュに向かった。
添乗員さんから、ユーロバスの運転手さん(ベルギー人)は時間に遅れたら置いて出発してしまいますよ。と時間厳守を注意され各自観光へ
私達は観光した後に、どうしても行きたかった「ブティック・タンタン」へ
スノーウィーってマメチンに似てる気がして・・
買い物も済ませ、段々と偏頭痛が悪化してきた中、
よれよれした状態でバスに向かって歩いていると
添乗員さんとJALバスの方が走って来ていきなり
「何してるんですか!」「10分も遅刻ですよ」等々
「え--っ!!!!」なんてもんじゃない!
集合時間を勘違いしていた。
「ひゃーどうしよう・・」一気に気分は奈落へ
あんなに頭痛かったのにいっぺんで忘れた!
折りしもバスの座席は一番後ろ・・・
皆さんに「すみませんん・・」と平謝りしながら乗車し、
気まずい雰囲気(私達が)のままブリュッセルへ
あ---------最悪。



翌々日はブリュッセルを出発しワーテルローの古戦場見学後にルクセンブルグ
c0160751_2225264.jpg

なんとツアーバスが故障で動かない。
添乗員さんもバスの運転手さんもそれぞれ色んな所に連絡を取っていた
ロビーで待っている人達はイライラで苦情も多数出始めた
が、私達夫婦は先日の遅刻の件があるので目立たぬように苛々。
結局、別のバスが来たのが昼近く、大幅に予定がずれて
ルクセンブルグ到着は9時近く。
翌日の観光でもひと揉め
添乗員さん「見学が終わったらココに集まってください」
のココ。←ってバスorバスから降りた場所
集合は時間より早く集まるのが常
で、バスに乗って待っていた人。
降りた場所で待っていた人。
添乗員さんは降りた場所のつもりなので居ない人を探す、待つ。
そしてバスに居る事が分かり、ほっとすると共に怒る。
怒られた方は不愉快そうでまたしても気まずい・・
なんだろね


色々あったこの旅
お詫び・・という事でライン河下りの後にリューデスハイムの観光があった
私達はこの10年前の1988年(昭和63年)に一度訪れているので別の意味でうれしい観光だった

c0160751_22325118.jpg
そしてこの写真を撮った後に、
私のカメラPENTAX MZ-10をバスに忘れて帰国した・・・
気がついたのはパスポートコントロールの際
もう・・再起不能です。


次回請うご期待
[PR]
# by tumuazu | 2008-06-22 15:22 | 旅行 | Comments(0)