つむじ日記
tumuazu.exblog.jp
ブログトップ
<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ご近所が住み家
4月23日(土)
朝早く 雉の鳴く声で目が覚めて パジャマのまま外に
いたいた~(^-^) 前の家の畑にっ
実家の話ですが
c0160751_1633290.jpg
その前の畑では おばさんが草むしりしてたっ!
逃げないのね・・・って言うかここが住み家なのねっ
共存結構~! 元気に暮らしてっ(*^^)v
草むしりしていたおばさんの畑の桜?がきれいでした
c0160751_16112887.jpg

[PR]
by tumuazu | 2016-04-24 16:12 | 長野・山口 | Comments(0)
急きょ入院して手術
4月16日(土)
c0160751_14254862.jpg

14日は退院後2回目の外来の日でした
私は父とは前回の外来に日に会って以来になります
電話では 日に日に良くなっているのが分かると言っていましたし 見た目も元気でした
心電図も採血も終わって残すは診察の段階で具合が悪くなったようです
処置室で 私達は外で待っていてくださいと言われて座ったそのすぐぐ後に、大きな声がしたり 慌ただしくなって ストレッチャーと共に救急の先生数人が走ってきたり 父の洋服や身に付けていたものを手渡されて ちょっと動揺しました
心臓に電気を送る役目の脈が機能していない・・・脈が振れないみたいな
日帰り外来の予定が 首からカテーテルを入れて 応急的な(違うかも)ペースメーカーを付ける手術をして すぐに入院となりました
前回のTAVI手術で 症状がある人は術後2日位で出るみたいなんですけどねぇ
そして夕方には ペースメーカーを埋め込む手術を15日の午前中に行うことになりました
その手術も無事に終わって 今後 また このような事があるとする不安要素は血圧の急激な低下で起こる症状のようでした
なんだか もう よく分からない(-_-)
前回のTAVI手術は思ったより大変だったので 気構えちゃったけれど 今回はGICUにいても軽口をいえる位の元気な父でした
土曜日の午後には一般病棟 それも個室じゃなくて 4人部屋なので 経過は順調なのかも
でも 退院した時と同じ部屋で 同じベッドなのがちょっとやな感じだけどねぇ
うす味の病院食もちゃんと食べて リハビリして早く退院できますように・・・

実は 姉と私も大変!
日帰りの予定が 明日手術(*_*)
泊まる準備してない!  仕事どうしよう!
結果 私は 木曜日にいったん自宅に帰って 金曜日に秀さんと帰省して父を見守り 一泊して土曜日に帰京のスケジュールになりました
頭痛くて めっちゃ疲れました

父 母 共に生きる力を持っていると痛感するこの頃
わたくし 50代後半 自分を大切にしながらできることは頑張らなくちゃねっ!
c0160751_1435156.jpg

[PR]
by tumuazu | 2016-04-17 14:35 | 父のこと | Comments(2)
家族はつらいよ
4月9日(土)
久っしぶりに映画を観ましたの 
あずきときなこがトリミングの間に・・・
会社の繁忙期は継続中
何度も書いたけど トリミングの予定は昨年末に立ててしまうので 土曜日はお休みさせていただきましたの
小さいホールで 今日から1日2回の上映になっていたけれど まずまずな入りな感じ
喜劇だし 笑い始めると 色んな事が可笑しくてしかたない感じ?
周りのおばちゃま方は笑いの渦、隣の秀さんも 
私はニヤケテましたけど・・・(⌒m⌒)

東京家族は観ましたか?
私はビデオを借りてみました
あのメンバーのまま 今度は喜劇?って思ったけど これってあり!です
東京物語の現代版の東京家族を観て それが心の中に残っていての家族はつらいよ
ありますあります こんなこと みたいな
何度も何度も見返したいなぁ って思いました
c0160751_1575498.jpg

[PR]
by tumuazu | 2016-04-10 15:27 | 映画 | Comments(0)
真田丸を見ましょう!
4月3日(日)
NHKの大河ドラマ「真田丸」 見てますか?
見て下さいねっ!
地元感を感じるドラマにちょっとワクワクの私です
今は 統合して東御市になった我が故郷ですが 慣れ親しんだ地名は小県郡東部町です
この真田丸で 小県郡  どれだけ出てきたことか
家の辺りは真田の祖と言われる 海野宿でも名高い海野氏ですよねっ
でも 知らない事も多数(いかにも私っぽい)^^;
この時期 上田城は千本桜祭りもあるし 賑わうだろなぁ
ちょっとブームに乗ってみたい感じの私です(笑)
c0160751_10283280.jpg

[PR]
by tumuazu | 2016-04-04 10:40 | ひとり言 | Comments(0)