つむじ日記
tumuazu.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アベック出場
なでしこに続いて 男子も出場決定!
c0160751_22245520.jpg
c0160751_2225123.jpg
前半 点が入らなくてもやもや(-.-)
後半線の途中の地震にはビックリしたぁー!
国立で観戦してた人たちは気がついたかなっ
その後の得点だもんねっ
緊急地震速報が響いて 目が覚めたりして(⌒m⌒)
おめでとう~☆038.gif
[PR]
by tumuazu | 2012-03-14 22:39 | サッカー | Comments(2)
チェーン規制
3月10日(土)
朝から雨模様の神奈川県座間市
交通情報で 関越道も松井田妙義からチェーン規制になってることは知ってたけど・・・
長野県東御市の天気は 曇り&湿り雪
走る所はほとんど高速なので 雪の心配はないと踏んで出かけたら・・・・。(T_T)
横川SAの手前2㌔から 全く車が動かなくなっちゃった
道路を閉鎖して 全ての車をSAに誘導して 雪対策のない車が通行できなくなっていました
当初の予定では 横川でだるま弁当買って 東部湯の丸SAでお昼 って思ってたのに
1時間近く停まったままだったので 横川でお昼食べることに
横川にいる時点では 雨が降っていたので 本当に必要なのぅ
トンネル10本越してからでいいんじゃないのぅ とか思いながら
αになってから お初のチェーン装着
c0160751_1136216.jpg
そして 出発
やっぱ 道路はからからで 全然平気!
チェーンのカタカタ鳴る音と 車からの振動 そして高速なのに低走行
やだ~!
c0160751_1137944.jpg

道路以外は積雪量が多いけど やっぱ道路は全然平気
横川から東部湯の丸まで40㌔以上かな
からから道路をチェーン装着走行 もう~!
c0160751_11371564.jpg
そして 母の施設でチェーンを外して・・・
ちょっとアクシデントありで(; ̄ー ̄A
c0160751_11374694.jpg
東部湯の丸SAで買い物&トイレを済ませて
c0160751_11375187.jpg
釜めしを購入の為に横川に向けて出発~
くぅ~ 順調!
長野の方はまだ規制があったのか 横川でチェーンを外してる車が多かった
運転 お疲れさんです
そして 狭山でも休憩して3時間半ほどで帰宅
あ~ちゃん 遅くなっちゃってごめんねぇ
c0160751_1138219.jpg
そして 使用1回のチェーンはもう錆びてるし( ̄▼ ̄|||)
c0160751_11443196.jpg
とんだチェーン規制騒動だったよぅ
c0160751_11443697.jpg

[PR]
by tumuazu | 2012-03-11 11:38 | トホホ・・な事 | Comments(0)
気持ちの強さがあったから
3月10日(土)
母の所に行ってきました
定期的に週1回 土曜日の18時30分に 母から電話をもらうのと 
邪魔にならない時間に私が電話をして話すことはしていても
顔をみるのは お正月以来
その間 雪の降る1/20に「小諸厚生病院」を退院して 「ちいさがたの家」に帰って来ていました
体重は30kg台前半で ますます小さくなっちゃたけど 元気!です(^・^)
c0160751_9444993.jpg

もともとの病気 多発性硬化症は・・・
視神経や脊髄に脳などに病気が出て 再発と寛解が繰り返し起こる難病で 指定疾患に認定されています
発病後から症状が出ていないのは 脳だけです
視神経と脊髄は随時進行しながら 停滞期がある感じがしています
なので 元気!なのですが 常にどこかが痛いんですねぇ


昨年の11月2日の夜の12時過ぎに 病院から父に連絡が入り 姉と私には父から連絡があって
11月3日(祝) 姉と子供達は始発の新幹線で 私も始発の相鉄に乗り病院に向かいました
その時 母は危篤状態でした
姉はその日病院で付き添って 私は18時台の新幹線で帰えりました
翌4日に会社に出て とても酷い偏頭痛の中 翌週の仕事を頼めるように片付けと 準備をしました
が 5日はどうにも起き上がれなくて・・・
6日(日)に車で病院に向かいました。
新潟にいる 母の姉 弟家族も駆けつけてくれて 病室で見守りました
容態は全く好転していなかったけれど
みんなが傍にいることが分かった母の 見えていない目に意思がともったことは間違いないです
急性腎盂腎炎 腰痛多発圧迫骨折(L2L4) 腸閉塞 多発性骨折 肺炎
で 絶食 絶飲の厳しい状態の中でした
私は 苦しい状態から脱せるなら 召されても良いのではと心で思っていました
でも 母は 痛みも苦しさも受け入れて 何も諦めるてはいなかったのです
それは それは強い気持ちです。
c0160751_1046274.jpg


そして 退院後1ヶ月後の診察 検査の際に 主治医の露崎先生が 「正直ここまでの快復 素晴らしいです」と言っていただいたそうです
診察後 病院の外まで付き添い 父の車に手を振って見送ってくれたそうです
後から母が 「露さん(父は先生をこう呼びます)が ずっと手を振ってくれていた」と 父が涙声で教えてくれたと聞いて 電話口の私も思わず泣いてしましました
これから先も 皆さんに助けていただいて 色んなことを受け入れていこうねっ
ふぁ~いと 綾子☆

そして 父は12日に87歳の誕生日
いつまでも いつまでも元気でいてねっ(^ー^* )
c0160751_1172896.jpg


 
[PR]
by tumuazu | 2012-03-11 10:46 | 母のこと | Comments(0)
マメチンの命日
c0160751_21575546.jpg

平成17年(2005年)3月5日(土)
マメチンこと豆太郎が天国に旅立った日です。
3/4の夜の10時過ぎ 秀さんはお風呂に入っていました
私は何をしていたんだろう・・・?
寝たきりのようになっていたマメチンが大きな声で「ワン!ワン!ワン!ワン!ワン!」と5回吠えて
私は すっごくビックリして 思わず抱きあげて声をかけて さすってあげた
そしたら何事もなかったように穏やかな顔で目を閉じたの
でも また少ししたら さっきと同じように5回ないたの
すっごく嫌な気持ちになって お風呂にいる秀さんに 「マメチンの様子が変!」って叫んでた
5回なくのが 15分位の間隔で続くようになっていって
秀さんも私も 口には出さないけど 覚悟を決めないと って思ってたと思う
言葉にしたら 認めちゃうみたいで辛かったし・・・
秀さんは ずっとマメチンを抱いていたの 優しく包むように
マメチンのワンワンの声が 段々小さく 力なくなっていって
とうとう言わなくなった時に 足を走っているように バタバタしたと思ったら 呼吸がおかしくなって
苦しそうに はぁ~はぁ~としている内に 舌が伸びてきてその色が変わっていったのです
はぁ~はぁ~の回数がどんどん少なくなって
手足がピクピクッっと動いたと思ったら 呼吸が止まった・・・。
私達は ただただ マメチンを見つめていました
長く伸びた舌が 徐々に口の中に納まっていくのを見て マメチンが旅だったんだ って思いました。
あっけなく思えるほどの別れで 胸が張り裂けそうでした
3/5 3時30分 永眠
CABIN OF SUN FLOWER MEADOW JP
豆太郎 14歳5ヶ月
私は マメチンマメチンって何度も声かけたけど 秀さんの腕の中で目を開けることはなかった
マメチンマメチンマメチンって言いながら泣いてた
秀さんの腕の中で旅立てて良かった
日中留守なのに ちゃんと看取る事ができて 本当に良かった
マメチンは 待っていてくれたんだよねっ
平成17年3月5日 雪がちらちらしていた寒い日だったねっ
あれから7年・・・・
マメチン パパもママもあずきも元気だよ
[PR]
by tumuazu | 2012-03-05 23:03 | 豆太郎 | Comments(0)